• 業種:食料品
  • 決算期:3月
  • 制度信用銘柄:
  • 貸借銘柄:
  • 株主優待:
president

代表取締役社長

池井 一海

1958年3月 大阪製粉㈱入社
(1960年3月同社と日本製粉㈱合併)
1994年6月 日本製粉㈱名古屋営業部長
1998年12月 同社理事福岡営業部長
1999年6月 同社理事九州管掌兼福岡営業部長
2001年4月 同社理事九州本部長
2004年6月 オーケー食品 工業㈱取締役
2005年6月 同社常務取締役
日本製粉㈱顧問(現在)
2007年12月 当社取締役
2009年12月 当社常務取締役
2014年12月 当社専務取締役
2015年12月 代表取締役社長に就任 (現任)

伝統を守り、常に時代の変化に対応することでお客さまに愛される商品を造り、さらなる歩みを続けます。

株価 適時開示(最新)

2016年10月27日付で
上場廃止となったため、
株価を表示しておりません。

配信日時 タイトル
2016.9.21 株式交換契約に関する臨時株主総会の承認可決についてのお知らせ
2016.9.6 2016年臨時株主総会招集ご通知
2016.8.4 臨時株主総会招集のための基準日設定に関するお知らせ
2016.8.4 日本製粉株式会社による東福製粉株式会社の完全子会社に関する株式交換契約締結(簡易株式交換)のお知らせ
2016.8.4 平成29年3月期第1四半期決算短信[日本基準](連結)
事業概要・特徴

 私たち東福製粉は、1932年の創業以来、経営の透明性および健全性を基本として、「お客さまに喜んでいただける製品の製造と品質の提供」をモットーにしています。安全な製品を安定供給することが経営の本質と捉え、製粉を中心として飼料、乾麺、雑穀類といった食文化に関連する分野で貢献することを目指しています。東福製粉が創業以来こだわり続けてきたこと、それはより豊かで健康的な食生活に欠かせない小麦粉の提供を通じてお客さまの暮らしに貢献することです。そのため、最新の設備と熟練の技術で「食の安全」にこだわり、現状に満足することなく、日々追求し続けております。

 当社グループが属する製粉業界は、海外穀物相場の値下がりにより原料価格などは値下がり傾向にあるものの、依然として、低価格志向を背景とした販売競争は継続しています。さらに、消費者の「食に対する安全・安心」への関心は一層高まっており、先行きは厳しい状況が続くものと予想しております。
 こうしたなか、当社グループでは、営業力の強化と製造コストの削減に注力し、さらに信用リスク面での対応を強化して利益の確保を図ることを最優先の経営課題としています。また、お客さまの立場に立ったコンプライアンス体制を構築し、安全・安心の製品提供に努めることを心掛けています。原料小麦の搬入から包装まで、全工程が自動化された最新鋭の生産設備で品質チェックを徹底的に実施しており、その取組みがJQAにも評価され、2000年10月にISO9001を取得しています。今後も、品質に徹底的にこだわった業務用・家庭用のパン、麺、菓子用粉をはじめ、独自の「九州粉」、「飛梅の里」といった小麦粉製品を幅広くお届けすることで、経営基盤の強化と知名度向上に繋げていく所存です。

主要経営指標(連結)

(単位:百万円) 2014年
9月期
2015年
9月期
2016年
3月期
売上高 3,3443,1901,801
経常利益 -4-150-36
親会社株主に帰属する当期純利益 -104337
1株当たり配当額(円) 0.000.000.00
1株当たり当期純利益(円) -1.074.353.72
1株当たり純資産額(円) 176.73183.39181.75
配当性向(%) ---
自己資本利益率 / ROE(%) -0.602.402.00
株価収益率/ PER(倍) -25.5224.20
株価純資産倍率/ PBR(倍) 0.270.290.28
営業活動によるキャッシュフロー -176192499
投資活動によるキャッシュフロー -81501-44
財務活動によるキャッシュフロー 372-220-627
現金及び現金同等物の期末残高 448921749
2017年3月期
1Q 2Q 3Q 4Q
756---
14---
-18---
----
-1.88---
180.88---
----
----
----
----
----
----
----
----
*2016年度より決算期を9月から3月へと変更しています。
*「 企業結合に関する会計基準」等の改正に伴い、直近決算期より「当期純利益」は「親会社株主に帰属する当期純利益」に変更しています。
売上高(百万円)
売上高チャート
経常利益(百万円)
経常利益チャート
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
当期純利益チャート

 利益配分につきましては、業績および経営環境を考慮し、内部留保の充実に意を用いると共に安定的な配当の継続を基本方針としています。

事業内容 当社グループは、当社、親会社1社、子会社2社及び関連会社1社により構成されており、小麦粉、ミックス粉等の小麦その他農産物を原料とする物品の製造及び販売を主な事業内容とし、更に麺類、穀類等商品の仕入、販売を行うかたわら倉庫業、不動産賃貸事業等も行っております。
設立 1932年10月9日
上場年月日 1953年3月27日
資本金 500,000,000円
従業員数 43名
発行済株式総数 10,000,000株
売買単位 1,000株
株主数 493名
幹事証券会社 SMBC日興証券㈱
株主名簿管理人 三井信託銀行㈱
主要株主 日本製粉㈱、野上英一、木徳神糧㈱、東福製粉取引先持株会、MSIP CLIENT SECURITIES、他
連結子会社数 1社
監査法人 新日本有限責任監査法人
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 東福製粉株式会社 総務部

    〒810-0071 福岡市中央区那の津4−9−20

    TEL: 092-781-1661      FAX: 092-731-7248