• 業種:パルプ・紙
  • 決算期:3月
  • 配当基準日:3,9月末
  • 制度信用銘柄:
  • 貸借銘柄:
  • 株主優待:
president

代表取締役社長

大久保 則夫

1973年 当社入社
2003年 取締役
2009年 常務取締役
2015年 代表取締役社長

TPS(トータル・パッケージング・ソリューション)提案をスローガンに、顧客満足を追求したイノベーション活動を推進していきます。

株 価 適時開示(最新)
現在値(12/14)
1,750
前日比
0 (0.00%)
配信日時 タイトル
2018.11.19 自己株式立会外買付取引による自己株式の取得結果及び取得終了に関するお知らせ
2018.11.16 自己株式の取得及び自己株式立会外買付取引による自己株式の買付けに関するお知らせ
2018.11.1 平成31年3月期 第2四半期決算短信[日本基準](連結)
2018.10.16 業績予想の修正に関するお知らせ
2018.8.1 平成31年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
事業概要・特徴

   当社は包装資材の総合メーカーとして、パルプモウルド、フィルム、重包装袋、段ボールの4本の柱となる事業を有しており、様々な包装資材を扱うプロとして、TPS(トータル・パッケージング・ソリューション)提案を行っています。「お客さまの大切な製品だけでなく、その先のお客さまの心にまで届くような包装資材でありたい。物流というシステムの中で流れをスムースにし、ロジスティクスにおける最適解を提供したい。」それが、当社の思いです。
   また、当社は、環境変化への対応、付加価値の高い製品提供による顧客満足の獲得、全社をあげての抜本的なコスト削減などを通じて強靭で収益力のある企業グループの構築を目指しています。

   今後の見通しにつきましては、国内では雇用・所得環境の改善が続く中で、緩やかな回復が続くことが期待されております。海外では米国を中心に先進国経済が回復基調を維持するほか、新興国経済も上向きになっていますが、先進国の保護主義的な政策圧力の高まり、米国の金融政策正常化の影響など、海外経済の不確実性や金融・資本市場の変動が景気を押し下げる懸念があります。
   今後におきましても、原油・原料高は続くものと予測され、当社グループを取巻く事業環境は厳しさを増すものと予測しております。このような状況下、当社グループは販売、製造部門のイノベーション活動の展開を更に活発化するとともに、品質改善、原価低減への継続的な取組み、TPS(トータル・パッケージング・ソリューション)提案により業績向上に努めてまいります。

主要経営指標(連結)

(単位:百万円) 2016年
3月期
2017年
3月期
2018年
3月期
売上高 17,94517,24618,367
経常利益 1,3231,5331,250
親会社株主に帰属する当期純利益 9631,076906
1株当たり配当額(円) 44.0050.0054.00
1株当たり当期純利益(円) 120.17134.27226.03
1株当たり純資産額(円) 1,448.841,568.923,356.88
配当性向(%) 18.3118.6223.89
自己資本利益率 / ROE(%) 8.408.906.96
株価収益率/ PER(倍) 5.327.059.73
株価純資産倍率/ PBR(倍) 0.440.600.66
営業活動によるキャッシュフロー 1,7591,7871,451
投資活動によるキャッシュフロー -412-920-1,060
財務活動によるキャッシュフロー -285-32-388
現金及び現金同等物の期末残高 4,4625,2695,269
2019年3月期
1Q 2Q 3Q 4Q
4,6779,287--
307494--
207315--
-27.00--
51.8778.64--
----
-34.33--
----
----
----
----
----
----
----
*「企業結合に関する会計基準」等の改正に伴い、2016年3月期より「当期純利益」は「親会社株主に帰属する当期純利益」に変更しています。
*2017年10月1日付で株式併合(2:1)を実施しました。「1株当り配当額」は2016年3月期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して記載しています。
売上高(百万円)
売上高チャート
経常利益(百万円)
経常利益チャート
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
当期純利益チャート
=適時開示件数

   当社グループは、生産性の向上等による利益体質の強化を図りながら、将来の事業展開に備えた内部留保を確保しつつ、連結純資産配当率(DOE)1.5%以上を目安に、安定的に配当を実施する方針としております。

事業内容 当社はパルプモウルド、フィルム、重包装袋、段ボール事業を有する総合包装資材メーカーであり、環境に配慮した製品の販売を行っています。
パルプモウルドおよびポリスチレンフィルム(熱ラミネーション分野)については、国内トップクラスのシェアを獲得しています。
設立 1947年2月3日
上場年月日 1980年5月21日
資本金 466,400,000円
従業員数 514名(連結)
発行済株式総数 4,664,000株
売買単位 100株
株主数 960名
幹事証券会社 (主幹事)みずほ証券㈱、(副幹事)大和証券㈱
株主名簿管理人 日本証券代行㈱
主要株主 王子ホールディングス(株) 、OSK社員持株会、三井住友海上火災保険(株) 、 (株) 西日本シティ銀行、(株) 福岡銀行、(株) 北九州銀行、中村泰子、伊藤忠紙パルプ商事(株) 、あいおいニッセイ同和損害保険(株)、日本トラスティ・サービス信託銀行㈱(信託口)
連結子会社数 3社
監査法人 有限責任監査法人トーマツ

   2017年10月1日付で株式併合(2:1)を実施。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 大石産業株式会社 管理部 総務課

    〒805-0068 福岡県北九州市八幡東区桃園二丁目7番1号

    TEL: 093-661-6511      FAX: 093-661-1641