• 業種:卸売業
  • 決算期:3月
  • 配当基準日:3月末
  • 制度信用銘柄:
  • 貸借銘柄:
  • 株主優待:
president

代表取締役社長COO

大森 礼仁

1979年4月 当社入社
2010年6月 取締役鮮冷部長
2011年4月 取締役鮮冷担当
2014年6月 常務取締役食品・鮮冷・酒類担当
2016年6月 取締役専務執行役員 営業統轄
2017年4月 取締役専務執行役員 営業統轄、食品流通本部長
2017年6月 代表取締役副社長 営業統轄、食品流通本部長
2018年6月 代表取締役社長COO
現在に至る

人、企業、社会を「繋ぎ」、グッド アンド ビッグカンパニーを追求してまいります。

株 価 適時開示(最新)
現在値(10/21)
1,330
前日比
0 (0.00%)
配信日時 タイトル
2019.8.9 2020年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
2019.6.21 コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/06/21
2019.6.3 第74期定時株主総会招集通知
2019.5.17 役員人事に関するお知らせ
2019.5.10 2019年3月期 決算短信[日本基準](連結)
事業概要・特徴

   ヤマエ久野の仕事は、人と人、企業と企業を繋ぐ「中間流通業」です。創業以来、常に流通のプロとして成長してきました。ヤマエ久野のコンセプトは「社会との共生」。社業の進展を通して社会へ貢献すること。私どもが関わったすべての人々の、喜びの声を聞きながら成長すること。それが、中間流通業であるヤマエ久野の歩むべき道であると確信しています。
   「流通=モノを運ぶ」だけではない、もっと大きな価値を生み出し、真の意味で「繋ぐ」ことのできる会社であること。それが、私どもの使命です。今後も、九州を基盤としてこれまで培ってきたノウハウや、流通のプロとして築いた独自の強みをさらに拡充し、お取引先さまと共に歩み続けます。

   食品関連事業については、営業本部制により各組織の機能を明確化し、専門性を高め、一層の部門間連携および広域対応の強化を図ってまいります。また、IT機器の活用による高度な商流および物流システム、常温統合物流提案、さらにはお得意先さまからメーカーさままでをカバーする商談・情報共有システムなどにより、サプライチェーン全体のコストダウンと最適化、そして各企業利益の最大化を推し進めてまいります。
   住宅関連事業では、「通気断熱WB工法」と「プレカット」の2本柱を提案機能とし、各メーカーさま、お得意先さま、工務店さまの組織化を図り、1棟当たりの納入率を引き上げるトータル提案・トータル受注に努めてまいります。
   海外事業については、2018年2月に海外子会社をイタリアに設立し、現地の提携先企業の店舗内に、持ち帰り寿司店を中心とした日本食売り場を展開しております。今後も新たな事業領域の拡大を図ってまいります。
   「お得意先さまの繁栄なくして当企業グループの進展なし」の信念のもと、基幹系システムPLISMの全面活用により、各種問屋機能の強化・充実に取組むとともに、グループガバナンスの強化、意思決定のスピードアップを図ります。また、将来を見据えた設備投資も行って、更なる飛躍を目指してまいります。

主要経営指標(連結)

(単位:百万円) 2017年
3月期
2018年
3月期
2019年
3月期
売上高 379,572428,349488,704
経常利益 4,3653,5543,899
親会社株主に帰属する当期純利益 2,9163,1183,220
1株当たり配当額(円) 20.0020.0020.00
1株当たり当期純利益(円) 144.50154.71159.77
1株当たり純資産額(円) 2,108.022,357.622,433.74
配当性向(%) 13.8412.9312.52
自己資本利益率 / ROE(%) 7.136.936.66
株価収益率/ PER(倍) 7.898.187.42
株価純資産倍率/ PBR(倍) 0.540.540.49
営業活動によるキャッシュフロー 9,18610,3508,076
投資活動によるキャッシュフロー -88-12,786-7,970
財務活動によるキャッシュフロー -6,69014,093-1,298
現金及び現金同等物の期末残高 14,27826,78925,596
2020年3月期
1Q 2Q 3Q 4Q
129,557---
883---
139---
----
6.89---
----
----
----
----
----
----
----
----
----
売上高(百万円)
売上高チャート
経常利益(百万円)
経常利益チャート
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)
当期純利益チャート
=適時開示件数

   安定した経営基盤の確立を目指すとともに、株主さまに対する利益配分を重要政策の一つとして認識し、収益の向上に努め、安定した配当を継続することを基本方針としています。内部留保資金については、経営基盤の充実強化と将来的な事業展開に充当する所存です。

事業内容 当社グループは、当社、子会社28社および持分法適用関連会社1社で構成され、主に一般加工食品・冷凍食品・小麦粉・酒類等を仕入れ、ならびに農産物の加工・弁当惣菜の製造を行い、コンビニエンスストア・量販店等に販売するとともに同商品の共同配送作業と住宅資材・木材加工および製品を建材・木材店に販売する卸売業です。
設立 1950年4月27日
上場年月日 1974年10月23日
資本金 1,025,960,600円
従業員数 1,103名(単体)
発行済株式総数 20,519,212株
売買単位 100株
株主数 1,297名
幹事証券会社 SMBC日興証券㈱
株主名簿管理人 みずほ信託銀行㈱
主要株主 ヤマエ第一食栄会、自社社員持株会、ヤマエ第二食栄会、南英福祉会、㈱福岡銀行、ヤマエ第三住栄会、共栄火災海上保険㈱
連結子会社数 28社(2019年6月1日現在)
監査法人 有限責任あずさ監査法人
  • 資料請求・お問い合わせ
  • ヤマエ久野株式会社 総務部

    〒812-8548 福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目13番34号 エコービル

    TEL: 092-474-0711      FAX: 092-415-3314