「つみたてNISA」とは、2018年1月より制度が施行された特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。その対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期積立分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資の初心者をはじめ幅広い年代の方々にとって利用しやすい仕組みとなっています。

 ここでは、つみたてNISAがどのような制度なのか?一般NISAと比較してどのような違いがあるのか?その注意点やメリット・デメリットについて見ていきます。

 つみたてNISAは、積立投資によって得た利益を、20年という長期にわたって非課税にすることで、安定的な資産形成を支援しようという制度です。先にも書いた通り、普通に投資した場合、得た利益の約2割は税金として引かれてしまいます。

 通常の投資や一般NISAでは株・投資信託・ETFなど様々な商品に投資できますが、つみたてNISAで投資できる商品は、運用にかかるコストが低く、頻繁に分配金を出さず効率的に資産形成ができる投資信託に限定され、一般NISAよりも、より安定的に資産形成できるよう設計されています。

 一般NISAは年間に120万円まで非課税で運用できるのに対して、つみたてNISAでは年間40万円までに引き下げられています。この2つを比較すると、ちょっと額が少なく感じるかもしれませんが、毎年40万円いっぱいまで非課税枠を活用し、20年間続けて投資すれば、非課税の恩恵を受けながら投資できる額は最大800万円です(一般NISAでは最大600万円)。  また、先にも書いた通り投資できる商品も違います。一般NISAは株・投資信託・ETF・REITを買うことができますが、つみたてNISAは投資信託・ETFに限られています。

 読者の皆さんの中には、「つみたてNISAの40万+ 一般NISAの120万で、年間160万円が非課税で運用できる!」と考えた方も多いと思います。しかし、つみたてNISAは一般NISAとの併用ができません。今後NISAを利用する場合は、どちらかを選ぶ必要があります。投資信託を長期で積み立てて資産を作りたいという方にとっては、つみたてNISAは役立つ制度になりそうです。ただ、投資信託だけでなく株でも投資がしたい方は、一般NISAを活用するのが良さそうです。当然、この制度を利用する場合は通常の証券口座の開設が必要ですが、つみたてNISAの口座は1人につき1口座のみ(複数の証券会社にNISA口座を開設できない)など、いくつか利用に条件があります。

 では、つみたてNISAはどんな人におススメなのでしょうか?この制度は投資によって生まれた利益にかかる税金が0%となります。また、投資できる商品は安定的に資産形成ができる商品に限定されていますので、他の投資方法よりも比較的リスクが小さくなります。つみたてNISAは少額からコツコツと長期で資産形成をしたい方(安定的に資産運用したい方)向けの制度といえます。 したがって、大きなリターンを目指すようなアクティブ投信や株などに投資したいという方は、通常の証券口座や一般NISAでリスクを取って投資するという選択があると思います。

 つみたてNISAで運用できる商品は、金融庁の定める基準をクリアした商品に限定されていますが、取扱われている商品は金融機関ごとに異なりますので、つみたてNISAの口座を開設する金融機関において、ご自身が投資しようとする商品の取扱いがあるのか、あらかじめ確認しておきましょう。