初心者向け株式入門

いまさら聞けない株のコト「取引の仕組み」篇

証券市場での上場株式の取引には「誰もが自由に参加できる」と述べました。では、どこに行って、どんな手続きをすれば、株式の取引を始めることができるのでしょうか?

“証券取引”というと、電光掲示板がぐるぐると回る、テレビなどでもお馴染みの「証券取引所」の光景が思い浮かびます。

確かに、この証券取引所こそ上場株式の売買の舞台。証券取引所に設けられた市場では、日々活発に株式の売買が行われています。

日本国内では現在4か所(札幌・東京・名古屋・福岡)に現物株式の売買を行う証券取引所が開設されています。

各取引所は、それぞれ上場基準が異なる複数の株式市場(主に大企業を対象とする第一部、中堅企業対象の第二部、新興企業向け市場など)を設け、さまざまな会社の資金調達需要と、多くの投資家の投資需要に応えています。

証券取引所は、誰もが安心して参加できるオープンかつ公正な市場を保つための、いわば“市場の番人”。金融商品取引法によって「金融商品会員制法人か株式会社でなければならない」と定められているので、あくまで民営であって国や自治体が設置する役所ではありませんが、公共的性格がとても強い機関です。

ところで、一般の投資家が、株式の売り買いをするために、証券取引所に足を運ぶことは100%ありません。取引所の“立会場”に立って、丁々発止とやりとりしているのは証券会社の取引担当者(取引の電算システム化によって、日本ではこの光景はもう見られなくなりましたが…)です。

投資家は証券会社に取引口座を開設し、その口座を通して、取引に参加します。顧客である投資家から受けた売買注文を取りまとめて、市場でさばくのは証券会社の役割です。

株式市場は、新規に発行された株式を売り出す「発行市場」と、発行済みの株式を投資家が相互に売買するための「流通市場」の2つにわけることができます。

新たな事業資金を調達するために新株を発行する会社にとって、この目的を達成するチャンスは、たった一度きりしかありません。それは「発行市場」での売り出しのときです。

いったん市場に流通させた株式は、投資家の間でセリにかけられ売買されるわけですから、どれほど値上がりしようと、会社に新しいお金が入るわけではありません。

それだけに、売り出しは発行会社にとっては勝負どころであり、また投資家にとっても醍醐味といえます。

いずれの場合も、証券取引所がその真ん中に位置して、公正な価格形成とスムーズな流通の実現のためコントローラーの役割を果たします。

そして、株式を発行して市場で売り出す「会社」と、市場で株式を売り買いする「投資家」が、「証券会社」の仲立ちによって取引するというのが株式市場の大まかな仕組みです。

つまり、株式投資を行うためには、市場に対する窓口役を務めてくれる「証券会社」に、取引口座を設けることが欠かせません。

証券会社の業務は、大別すると4つあります。

①委託売買業務:一般投資家からの有価証券(株式や債券)の売買注文を証券取引所に取り次ぐ業務。注文の際に、投資家は所定の手数料を証券会社に納めます。最近では、インターネットのオンライン取引専業の証券会社も実績を高めており、省力化による低廉な手数料設定と、時間・場所を選ばない便利さが受けて、多くの個人投資家の支持を集めるようになっています。

②自己売買業務:証券会社自身が、自己の資金と独自の市場判断で有価証券の売買を行う業務。つまり、証券会社自身の投資活動です。

③引受業務:会社が有価証券を発行する際、新しく発行された証券の全部または一部を、いったん証券会社が買い取り、後に一般投資家に販売する業務。引き受けた証券を売り切ることができなければ、証券会社が引き取ることになります。

④募集・売り出し業務:有価証券の発行会社から委託されて、販売活動を代行する業務。引受業務とは異なり、売れ残った有価証券を引き取る必要はありません。

投資初心者にとって最初のハードルは、「どの証券会社を選ぶか?」かもしれません。口座を開設する証券会社は、いわば投資活動を行う上での相棒です。会社の大きさや手数料といった事柄だけでなく、「アドバイスが丁寧か?」「マーケット情報の分析は的確か?」「担当者とすぐに連絡がつくか?」など、使い勝手をじっくり確かめたいものです。