地域経済の活性化と九州の地場銀行
地場銀行ならではの投資銀行サービスを space3
■地場銀行ならではの投資銀行サービスを
space3

企業経営を取り巻く環境が不透明さを増す中で、企業が銀行に求めるニーズは高度化しており、従来の手法だけでは銀行が法人顧客にグリップを効かせることは難しくなっている。こうした状況に対応して、地場銀行でも上記のように私募債やシ・ローンの組成、ファンドや証券化商品、デリバティブの活用、M&Aの仲介などソリューション手法の高度化に努めている。また事業性融資の伸び悩みが続く中で、法人業務でもフィービジネスの強化が必要となっており、今後、地場銀行でも法人業務で投資銀行的な色彩が強まることは疑いない。しかし、投資銀行的な色彩が強まるとしても、地場銀行の行動様式そのものまでが投資銀行化することはないだろう。なぜなら、地場銀行は九州という地域から逃れることはできないからである。金利・手数料収入の極大化を目指して自己本位の営業を続け

れば早晩に地域顧客の離反を招き、長年にわたって育んできた信用を失うことなる。地場銀行にとっては、顧客ニーズに的確に対応するソリューション手法を整備するとともに、今後とも地域顧客と共に歩むという「志」を具現化し続けることが重要になろう。それを実践できれば、地域金融機関と投資銀行のそれぞれの良さを融合した、新しいビジネスモデルを創出することも可能になるのではないだろうか。
地域経済の成熟化とグローバル化が加速する中で、九州経済が活力を持ち続けるためには、地域経済を支える企業の成長・活性化が不可欠である。「百年に一度の経済状況」の今だからこそ、ソリューション機能の高度化を進め、地元銀行がこうした課題に積極的に対応していくことが期待される。

今後期待space3


人物


space3

Prev

地域経済の実情にあわせて進む取り組み